女性のひげの適切な処理方法をご紹介!おすすめは電気シェーバー?

お風呂用品 コスメ
この記事は約6分で読めます。

気がついたら生えてる・・・「口周りのひげ」

以外に目立つ口周りのひげ

 

ふと鏡を見たときに、目につく口周りの毛。男性ほど濃くはないけれども、ファンデーションで隠せなかったり、なんだか異様に目立って見えてしまって、すごく気になってしまいますよね。

実は世の中の男性も、女性の口元をよく見ています。口周りに毛が生えている女子を見ると少し引いてしまう男性も多いんだとか。「口周りの毛があるとなんだか変な感じがする」「美意識が低いのかな?と思う」など、なかなかシビアな意見を持っているようです。

女性のひげの原因は?

女性のひげの原因は「産毛」か「ストレス」

女性のひげの原因は、「産毛」によるものか、「ストレス」によるものの2パターンに分かれます。

体質や毛質などによっては、産毛が濃く、口周りの毛が目につきやすいという場合と、日頃の生活習慣や環境、ホルモンバランスの乱れによる「ストレス」が原因である場合です。

 

男女に限らず、みんな「産毛」は生えている

もともと、人の体には「産毛」というものがあるのが普通なのです。体質によって、薄いか濃いかが決まるだけで、その産毛はあなたの皮膚を、埃やちりから守ってくれている大切な存在なのです。

なので一概に、剃りすぎたり、不快感を示して抜いたり、コンプレックスに思う必要はありません。

女性でひげが濃く見える場合は「ストレス」が原因かも

女性

女性でもヒゲが濃く見える状態は、睡眠不足やストレス、偏った食生活などでホルモンバランスが乱れてしまっている時に起こりやすいと言われています。

そもそも、体毛の濃さは男性ホルモンが由来しているので、女性ホルモンが少ないか、過剰に男性ホルモンが分泌されている場合に起こり得ます。

日頃の食生活や環境、心身のケアを十分に行うことで、改善されるかもしれません。

ひげを剃る前に知っておきたいポイント5つ!

ポイント①タイミングは「就寝前のお風呂上がり」がベスト

タオル

ひげを処理するときは

  1. 「十分に作業時間があるとき」
  2. 「肌が柔らかくなったとき」
  3. 「肌に負担をかけない時間を確保できるとき」

この3つを全て満たしたタイミングで行う方がいいです。

それが「就寝前のお風呂上がり」ということです。具体的に説明しましょう。

「十分に作業時間があるとき」について

初めての方は特に、緊張してうまく剃れなかったり、剃り方を学びながら手入れをする状態だと思います。

その中で、十分な時間を確保できないと、反りが甘くなって、1週間に何度も手入れをしなければならなくなってしまったり、焦って誤って肌を傷つけてしまう可能性があります。

どちらも肌に負担を掛けてしまうので、十分に作業時間が確保できる方が、安心と言えます。

十分な時間を確保できる時に丁寧に、慎重に行うようにしましょう。

「肌が柔らかくなったとき」について

お風呂上がりは血行が良くなり、肌の状態はいたって清潔です。なので比較的肌が柔らかく、根元の方からムダ毛が剃れるようになるので、綺麗にムダ毛を剃ることができます。

肌が柔らかいから逆に傷つきやすいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それは後に書いてある「化粧水や保湿液」で肌を保護することで対処します。

肌が柔らかく、清潔な状態が保たれている、お風呂上がりに処理をするのをおすすめします。

「肌に負担をかけない時間を確保できるとき」について

ひげを処理した後に一番やってはいけないことが、肌に負担をかけること。

ひげを処理した後は、いったん肌を休ませてあげる必要があります。

特に「メイク」や「日焼け」「ピーリング」など、日頃の生活習慣で行いがちな行動をしてしまうと、肌を傷めてしまうのです。就寝前なら、外に出かける予定もなく、メイクや日焼けをする心配もなく、肌をいたわる時間がたっぷり取れます。

なので、できるだけ「肌に負担をかけない時間を確保する」ようにして欲しいのです。

ポイント②肌の調子が悪い時はやめよう

寝ている女性

生理前、生理後、ストレスが溜まってニキビや吹き出物が多いとき、など肌に刃物を当てることで、余計に肌が傷ついてしまいそうな時には、処理をするのを控えましょう。

特に肌が弱っている状態では、肌に優しい製品でも簡単に肌を傷めてしまいます。

ポイント③T字シェーバーや除毛クリームは使用禁止!

ピンク色のシェーバー

T字シェーバーは剃る範囲が広く、刃が鋭いため、女性のムダ毛処理には向きません。少しだけ生えている産毛を細かく処理することが不可能なので、最悪肌を傷つけてしまいます。

また、除毛クリームは刺激が強いこともあり、確実に肌が荒れてしまったり、ただれてしまう場合もあります。

T字シェーバーや除毛クリームは使用しないでください!

ポイント④毛を抜くのも肌を傷めてしまうのでNG!

ピンセットなどで毛を抜くのも肌によくありません。ついついやってしまいがちですが、あとあと肌がたるんできたり、毛穴を傷めてしまったりして、肌荒れにつながります。

ポイント⑤自信がないなら思い切ってサロンに

セルフで処理が出来る場合もありますが、自分で処理をする自信がなかったり、怖いなと感じたら、迷わずプロの力を借りましょう。

専門的で丁寧に処理してくださりますし、ケアの仕方も同様に教えてくださると思います。

 

【準備〜剃り終わり】正しくひげを処理するステップ!

処理する前に準備するもの

鏡を見るじょし

  • タオル
  • 電気シェーバー(または I字カミソリ)
  • シェービングクリーム
  • 化粧水
  • 乳液(保湿液)

を用意してください。

剃る機械は、電気シェーバがおすすめ。電気シェーバーはなぞるだけでムダ毛を剃ってくれるため、力が極端に入る心配がありません。使い方も簡単で、最近は肌に優しいシェーバーがたくさん販売されています。

STEP1 顔を綺麗に洗う

まず始めに、いつ戻りに洗顔をしてください。

ひげを剃るにあたり、特別な洗顔をすることはありません。

STEP2 シェービングクリームを剃りたい位置に塗る

シェービングクリームの使用用途を守りつつ、適量を剃りたい部分に塗っていきます。

この時、あまりにも多く付けすぎてしまうと、剃りたい位置が見えなくなってしまうので、注意しましょう。

STEP3 気になる部分をひげの流れに沿って剃る

基本、ひげの生えている方向に向かって沿っていくと、綺麗にムダ毛を処理することができます。

ゆっくり、丁寧に焦らず慎重に沿っていきましょう。

また、この時少し顔の皮膚を伸ばしながら剃ると、根元の方から綺麗に剃ることができます

【アフターケア】正しくひげを剃った後のステップ!

STEP4 顔を水で流してタオルで包むように拭く

処理が終わったら、軽く顔を流して、タオルで顔を包むように吹きましょう。

ここで、ゴシゴシと顔をこすってしまうと、剃りたての敏感な肌に刺激を加えてしまい、肌を傷めてしまいます。

柔らかいタオルで、優しく拭いてあげましょう。

STEP5 剃った場所に化粧水をたっぷりと浸透させる

続いて、剃った部分に化粧水をたっぷり付けてあげます。

と言っても、一度にたくさんの水分を吸収することはできないので、少量を2・3回に分けて付けてあげると、お肌に化粧水がたっぷり染み込みます

肌がもちもちになるまで、何度も繰り返してください。

STEP6 乳液や保湿液でさらに保護する

最後に、乳液や保湿液で水分をしっかりと閉じ込めます。

乳液や保湿液をつけることで、保護膜としての役割を果たしてくれるようになります。

剃った後の敏感な肌をきちんと守ってくれる効果が高まりますので、ここまでしっかりケアしてください。

STEP7 終わり!

笑う女の子

最後に、使ったシェーバーやタオル、周りを片付けて終わりです!

正しく処理して笑おう!!

いかがでしたでしょうか?

正直、ふと気が付いた時に生えているムダ毛に翻弄されるのは嫌ですし、何よりムダ毛を気にして、毎日の生活が楽しめなくなってしまいます。

適切なケア方法を知って、楽しく笑えるようなお手伝いができたら、幸いです!

 

タイトルとURLをコピーしました